いつでも、ふぅ。AGF AGF Lounge

  • TOP
  • 商品サイト
  • AGFRのこだわり
  • キャンペーン
  • 遊ぼう
  • 応援しよう
  • おいしい飲み方
  • 楽しいレシピ
  • CM&動画ギャラリー

いつでも、ふぅ。AGF AGF Lounge

MENU

コーヒーの思い出エピソード
2020/11/25

昔も今も、銭湯のお供はコーヒー牛乳

3
109 views
みちょん さん

私の原風景のひとつは、「生まれ育った街の銭湯」だ。

子ども時代を過ごした実家の近くには、昭和を色濃く残す銭湯があった。
もちろん家に内風呂はあったけれど、銭湯好きの父親の「よ~し行くか!」という一声で、休日の夕方などに家族揃ってよく出かけていた。

住宅街に佇むその銭湯ののれんをくぐると、昔ながらの木札の下駄箱がまず目に入る。飴色に艶めく番台の先に脱衣所が広がり、革張りのマッサージチェアやアナログ体重計、コイン式ドライヤーといったレトロなモノたちが誇らしげに並んでいた。

高窓のついた浴室には、雄大で美しい富士山のペンキ絵。私は立ち昇る湯気を見上げながら、湯船の中で足をぐーんと伸ばす。
「ふぅ~、ごくらく、ごくらく」
母の口真似をして、家では味わえない開放感に浸った。

ジェット風呂、バイブラ風呂、薬湯。全部のお風呂を制覇して、私はすっかり茹でだこ状態。次なる目的は、キンと冷えた瓶入りのコーヒー牛乳だ。
脱衣所の隅にある4面ガラスの冷蔵庫から迷わず1本取り出し、お会計を済ませるやいなや、紙のフタを爪でカリカリと引っかけて開ける。

のんびり回転する天井扇の下で、一気にゴクゴクゴク…
「…ぷはーっ、いきかえる!」
火照った体を通り抜けていく冷たい感覚。ほのかな苦味がもたらすスッキリ感もたまらない。 ふと気付けば、同様にコーヒー牛乳を楽しむ人の小さな輪ができていた。不思議な連帯感が生まれ、誰からともなく笑みを交わしあう。何とも心地よい瞬間。

「おやすみ、またね」
帰り支度をしている私に、番台係のおばちゃんは、そう声をかけてくれた。自分にもうひとつの家ができたような気がして、無性にうれしかった。

あれから約20年。
今は実家から離れて暮らしているけれど、「ちょっと疲れたな、癒されたいな」と思ったら、近場の銭湯に足を運ぶ。
時代や場所が変わっても、私にとっての湯上がりの一杯は、やっぱりコーヒー牛乳だ。あの分厚い瓶が唇に触れるたび、子どもの頃の懐かしい記憶がよみがえり、無邪気であたたかな気持ちになれる。

体の疲れと一緒に、ココロも回復させてくれる銭湯という空間。
…そういえば、最近忙しかったなぁ。今度の週末、よ~し行くか!

本エピソードは、AGF®パートナー みちょん さんの体験を基に執筆しました。

 

感想や、こちらを読んで思い出したあなたのエピソードなど、コメント欄からお寄せください!

エピソード一覧へ

3件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 子供の頃銭湯に行くのが楽しみだったことが思い出されました。
    家風呂もいいのですが連れて行って貰い湯上りに
    瓶のコーヒー牛乳やフルーツ牛乳を飲ませてくれるのは嬉しかったです。
    銭湯本当見かけなくなりました。
  • 銭湯に行って、コーヒー牛乳を飲んでみたいです(=゚ω゚)ノ
  • こんにちは。お日様が顔を出さないかしら、と空を見上げてばかり。
    「湯上りに飲むコーヒー牛乳」この気持ちわかります!至福のひと時とはこの事を言うのか、と思えるほど、喉を通る冷えたコーヒー牛乳がなんと美味しく感じられた事でしょうか。今は銭湯を見かける事が少もなくなっていますが、もう一度あの感覚を味わいたくなりますね~
    みなさまの銭湯のお供は何かしら。教えてくださいね。
投稿の報告
「AGF(R) Lounge」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる

Page Top