コーヒーの思い出エピソード
2021/02/16

ブラックコーヒーと後輩

10
359 views
サボテン さん

20代の頃、私はバリバリ仕事に打ち込んでいた。
責任ある立場につき、新人の指導を一任されるなど、社内の評価も上々。口では「あ~忙しくて大変」とぼやきつつも、大きなやりがいを感じ、充実した毎日を送っていた。

そんなある日のことだった。その後輩がやってきたのは…。

どこか学生っぽさを残す顔立ちをした新入社員の彼は、私より8歳年下。持ち前の人懐っこさですんなりと職場に馴染み、同僚や上司だけでなく、取引先からも気に入られていた。もちろん、指導を担当していた私にとっても可愛い後輩だった。

ようやく一通りの業務をこなせるようになった頃だろうか。休憩スペースでコーヒーを飲んでいると、彼がやってきていきなりこう言った。
「年下で頼りないならもっと大人になるよう努力するんで、つきあってください!」

だし抜けの告白に、コーヒーを吹いてしまいそうになる。
笑って流したほうがいいのか、本気に受け止めて応えるべきなのか。すっかり面食らった私は、
「コーヒーが飲めないうちはまだまだよ。ブラックの味がわかるようになったらね」
と、おどけて返した。

それから2人の関係に進展はなかったが、休憩の時には、彼は決まって苦手なはずのブラックコーヒーを手にしていた。

そして、何事もなかったかのように時が経ち、私の寿退社が決まった。
同僚たちに報告した日、彼が「先輩、一緒にコーヒーどうですか?」と声をかけてきた。休憩スペースには、彼と私の2人だけだった。

「俺、やっぱりブラックコーヒーって好きじゃないんだよね」
「フフッ。無理してるの、何となく知ってたよ」
いつも通りの軽い掛け合い。こんなお別れもいいかなと思った次の瞬間、彼は真剣な眼差しで私を見つめた。

「でも、先輩とのこういう時間が何より楽しかった。絶対幸せになって、旦那様といつまでもモーニングコーヒーを楽しんでください。あと、出来の悪い新人がいたこと、たまにでいいから思い出して欲しい」

あまりの真っ直ぐさに、少したじろいでしまう。私は心の動揺を悟られまいと、コーヒーを飲むふりをしてカップで顔を隠した。

もう30年も前の話だ。
足早に過ぎていく日常の中、ふと懐かしく思い出す。
ブラックコーヒーのようなまじりっけのない真っ直ぐさを。

本エピソードは、AGF®パートナー サボテン さんの体験を基に執筆しました。

 

感想や、こちらを読んで思い出したあなたのエピソードなど、コメント欄からお寄せください!

エピソード一覧へ

10件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「AGF(R) Lounge」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる