いつでも、ふぅ。AGF AGF Lounge

  • TOP
  • 商品サイト
  • AGFのこだわり
  • キャンペーン
  • 遊ぼう
  • 応援しよう
  • おいしい飲み方
  • 楽しいレシピ
  • CM&動画ギャラリー

いつでも、ふぅ。AGF AGF Lounge

MENU

今回の工場見学ツアーの魅力は、ともに群馬県で操業している味の素冷凍食品株式会社と
味の素ゼネラルフーヅ株式会社の2つの工場を同日に見学できること!
1日で巡る “2つのおいしい舞台裏”の模様をレポートします♪
早朝から降り続いていた雨も集合時間までにはあがり、幸先の良いスタート!赤レンガ色が美しいJR高崎線・深谷駅に、たくさんの応募の中から選ばれた15人のみなさんが集まってきてくださいました。
AGF関東株式会社まで、バスで20分ほどの道のりです。
コーヒーの芳しい香りが漂う中、群馬県のゆるキャラ・ぐんまちゃん、太田市のマスコット・おおたん、そして我らがビーン太くんが出迎えてくれました。ここでしか見られない可愛い3ショットに、みなさん大興奮!
ワクワクと高鳴る胸をおさえつつ、まずは会議室で予習。メガネと笑顔がトレードマークの松本さんが、AGF関東株式会社の歴史や商品の製法についてレクチャーしてくれました。そのユーモアたっぷりの語り口に、どっと沸く一幕も!会議室内は、早くもリラックスムードです。
ウェルカムドリンクを兼ねた、産地の異なる3種類のコーヒー飲み比べでは、真剣な表情でテイスティング!「味も香りもこんなに違うなんて知らなかった~」という声も聞こえてきましたよ。

〈ブレンディ〉インスタントコーヒーとその他商品を比較しながら、氷水への溶けやすさを確かめる実験も行ないました。軍配は・・・もちろん〈ブレンディ〉!松本さん、ついつい得意顔です♪
松本さんの先導のもと、いよいよ工場内へ!さっそく目に飛び込んできたのが、スティックコーヒーが素早く充てんされ、次々と振り分けられていく様子。サンバのような軽快なリズムに、思わず踊りだしたくなっちゃう!?

ドリップパック工程では、充てんや包装の様子のほか、充てん前のパッケージを実際に手に取ってみることもできました。普段はなかなか味わえない貴重な体験に、「へぇ~なるほど」「こうなっているんだ!」とあちこちから驚きの声があがっていましたよ。

味の素冷凍食品 関東工場見学に備え、まずは「のせピラ®」で腹ごしらえ。中央の大きなテーブルには、「具だくさんエビピラフ」「やわらか若鶏から揚げ」「ギョーザ」など、おなじみの冷凍食品がズラリと並びます。

「どれにしよう?」「え~い、全部のせちゃえ!」。お腹いっぱい、元気をチャージしたら、業務用デザート&「ギョーザ」の製造ラインへ出発!
業務用デザートの製造ラインに足を踏み入れた瞬間、甘~い香りに包まれます。こちらのラインは、効率的な機械の動きはもちろん、ていねいな手作業も見どころのひとつ。ケーキに波模様を描く鮮やかな手さばきは、まるでパティシエのよう!
続いて、「ギョーザ」のラインへ。キャベツをカットするところから、調理~冷凍~包装と、目の前で徐々に商品になっていく様子に、みなさん興味しんしんです。

そして、工場内を清潔に保つための様々な工夫がこらされた調理服の展示も。また、工場見学には珍しく、ガラス越しに社員食堂を見ることもできましたよ。ホテルのラウンジのような開放感あふれる雰囲気に、一同ビックリ!奥にはなんと、足をのばせる和室もあるのだとか。
工場見学の後は、お待ちかねのデザートタイム。「実はAGF関東株式会社と味の素冷凍食品 関東工場は、どこでもドアでつながっているんです!」―そんな前フリとともに、松本さんが再び登場!ドリップコーヒーをおいしく淹れるコツを教えてくれました。
おとなり同士で確認し合って、おいしい淹れ方を実践!

この5つがポイントです。

コーヒーのお供は、味の素冷凍食品の業務用フリーカットケーキ。「いちごショートケーキ」「アップル&ピーチ」「洋梨とぶどう」という色とりどりの3種類に、みなさんの顔がパッと華やぎます。どれも爽やかな甘さで、いくつでもペロリといけちゃいそう♪
AGFのコーヒー&味の素冷凍食品のケーキを楽しみながら、今日の出来事を振り返ったり、お料理談義に花を咲かせたり。「実際に見学した後だと、余計においしく感じる♪」と弾む声も聞こえてきましたよ。
最後に、松本さん&「ギョーザるくん」と一緒に記念撮影!これにて、工場見学ツアーは終了です。少しの名残惜しさといっぱいのお土産を抱え、解散地となる熊谷駅へバスで向かいます。

帰りのバスの中では、女子会さながら!?、おしゃべりで大盛り上がり。「AGFのコーヒーを使った味の素冷凍食品のケーキがあったら面白そう」なーんてステキなアイデアも飛び出しました♪

お見送りの際には、たくさんの温かいお言葉をいただき、スタッフもひと安心。参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました!

今回の工場見学ツアーの魅力は、
ともに群馬県で操業している味の素冷凍食品
株式会社と 味の素ゼネラルフーヅ株式会社の
2つの工場を同日に見学できること!
1日で巡る “2つのおいしい舞台裏”の模様を
レポートします♪
早朝から降り続いていた雨も集合時間までにはあがり、幸先の良いスタート!赤レンガ色が美しいJR高崎線・深谷駅に、たくさんの応募の中から選ばれた15人のみなさんが集まってきてくださいました。
AGF関東株式会社まで、バスで20分ほどの道のりです。
コーヒーの芳しい香りが漂う中、群馬県のゆるキャラ・ぐんまちゃん、太田市のマスコット・おおたん、そして我らがビーン太くんが出迎えてくれました。ここでしか見られない可愛い3ショットに、みなさん大興奮!

ワクワクと高鳴る胸をおさえつつ、まずは会議室で予習。メガネと笑顔がトレードマークの松本さんが、AGF関東株式会社の歴史や商品の製法についてレクチャーしてくれました。そのユーモアたっぷりの語り口に、どっと沸く一幕も!会議室内は、早くもリラックスムードです。
ウェルカムドリンクを兼ねた、産地の異なる3種類のコーヒー飲み比べでは、真剣な表情でテイスティング!「味も香りもこんなに違うなんて知らなかった~」という声も聞こえてきましたよ。

〈ブレンディ〉インスタントコーヒーとその他商品を比較しながら、氷水への溶けやすさを確かめる実験も行ないました。軍配は・・・もちろん〈ブレンディ〉!松本さん、ついつい得意顔です♪
松本さんの先導のもと、いよいよ工場内へ!さっそく目に飛び込んできたのが、スティックコーヒーが素早く充てんされ、次々と振り分けられていく様子。サンバのような軽快なリズムに、思わず踊りだしたくなっちゃう!?

ドリップパック工程では、充てんや包装の様子のほか、充てん前のパッケージを実際に手に取ってみることもできました。普段はなかなか味わえない貴重な体験に、「へぇ~なるほど」「こうなっているんだ!」とあちこちから驚きの声があがっていましたよ。

味の素冷凍食品 関東工場見学に備え、まずは「のせピラ®」で腹ごしらえ。中央の大きなテーブルには、「具だくさんエビピラフ」「やわらか若鶏から揚げ」「ギョーザ」など、おなじみの冷凍食品がズラリと並びます。

「どれにしよう?」「え~い、全部のせちゃえ!」。お腹いっぱい、元気をチャージしたら、業務用デザート&「ギョーザ」の製造ラインへ出発!
業務用デザートの製造ラインに足を踏み入れた瞬間、甘~い香りに包まれます。こちらのラインは、効率的な機械の動きはもちろん、ていねいな手作業も見どころのひとつ。ケーキに波模様を描く鮮やかな手さばきは、まるでパティシエのよう!
続いて、「ギョーザ」のラインへ。キャベツをカットするところから、調理~冷凍~包装と、目の前で徐々に商品になっていく様子に、みなさん興味しんしんです。

そして、工場内を清潔に保つための様々な工夫がこらされた調理服の展示も。また、工場見学には珍しく、ガラス越しに社員食堂を見ることもできましたよ。ホテルのラウンジのような開放感あふれる雰囲気に、一同ビックリ!奥にはなんと、足をのばせる和室もあるのだとか。

工場見学の後は、お待ちかねのデザートタイム。「実はAGF関東株式会社と味の素冷凍食品 関東工場は、どこでもドアでつながっているんです!」―そんな前フリとともに、松本さんが再び登場!ドリップコーヒーをおいしく淹れるコツを教えてくれました。
おとなり同士で確認し合って、おいしい淹れ方を実践!

この5つがポイントです。

コーヒーのお供は、味の素冷凍食品の業務用フリーカットケーキ。「いちごショートケーキ」「アップル&ピーチ」「洋梨とぶどう」という色とりどりの3種類に、みなさんの顔がパッと華やぎます。どれも爽やかな甘さで、いくつでもペロリといけちゃいそう♪
AGFのコーヒー&味の素冷凍食品のケーキを楽しみながら、今日の出来事を振り返ったり、お料理談義に花を咲かせたり。「実際に見学した後だと、余計においしく感じる♪」と弾む声も聞こえてきましたよ。
最後に、松本さん&「ギョーザるくん」と一緒に記念撮影!これにて、工場見学ツアーは終了です。少しの名残惜しさといっぱいのお土産を抱え、解散地となる熊谷駅へバスで向かいます。

帰りのバスの中では、女子会さながら!?、おしゃべりで大盛り上がり。「AGFのコーヒーを使った味の素冷凍食品のケーキがあったら面白そう」なーんてステキなアイデアも飛び出しました♪

お見送りの際には、たくさんの温かいお言葉をいただき、スタッフもひと安心。参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました!

Page Top