コーヒーの思い出エピソード
2021/03/26

ルームメイトとの忘れられない時間

6
322 views
ひまわり♪ さん

高校時代、親元を離れて寮生活を送っていました。

その寮はひとつの部屋に3学年が同居するのが習わしで、私が3年生の時のルームメイトは、2年生が1人と1年生が2人。学年は違えど、同室になった4人は妙に気が合い、毎日がまるでお祭り騒ぎみたいに賑やかでした。きっと周りからは、仲の良い姉妹のように見えていたと思います。

そんな私たちも、テスト前ともなると、しおらしく勉強モード。恒例の夕食後のおしゃべりタイムを封印して、それぞれが机に向かって教科書とにらめっこしていました。

「コーヒーでも飲んで、ひと休みしよっかなぁ~」
しばらくして誰かがつぶやくと、それを合図とばかりに、鉛筆を走らせるカリカリという音が一斉にストップ。そして、輪唱のごとく声が重なります。
「じゃあ私も」「私も」「私もぉ~!」
4人は順番に備え付けのポットのお湯でインスタントコーヒーを淹れ、回転椅子をくるりと回して、お互いの膝を近づけました。

コーヒー一杯のつもりが、一度始まったガールズトークは止まりません。
寮内で起こった些細な出来事、級友の噂話、好きな芸能人のこと、進路の悩み…。おしゃべりを我慢していたぶん、せきを切ったように話題があふれ出ます。
気付いた時には、もう夜更け。ポットのお湯は、すっからかんになっていました。

さて、テストの結果はどうだったかというと…。 お察しのとおり、全員が目も当てられない惨状でした。思い出すだけで、今でもプッと吹いてしまいます。

寝食をともにしながら、時にはふざけ合い、時には助け合ってきたルームメイトたち。私がホームシックにならずに寮生活を過ごせたのは、みんながいつもそばにいてくれたから。
コーヒーを飲むたびによみがえってくる、愛おしい青春の1ページです。

本エピソードは、AGF®パートナー ひまわり♪ さんの体験を基に執筆しました。

 

感想や、こちらを読んで思い出したあなたのエピソードなど、コメント欄からお寄せください!

エピソード一覧へ

6件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「AGF(R) Lounge」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる