「ビーン太くん®」からのお知らせ
2021/11/09

Loopが我が家にやってきた!AGF®社員のリアル体験記【第1回】

58

サステナビリティやSDGsの言葉とともに、いま世界的に広がりつつある “Loop”。
「なんとなく聞いたことがあるような…」なんて人もいるのではないでしょうか?

【Loopとは?】
「捨てるという概念を捨てよう!」というミッションのもと、お気に入りの商品を再利用可能な容器で購入することができる、循環型ショッピングプラットフォーム。

説明を聞いただけではイメージしづらいLoopの仕組みをみなさんにもっと身近に感じてもらうべく、AGF®社員が日常生活の中で体験!
実際に使ってみたからこそわかる“リアルなアレコレ”を3回にわたってお届けします。

第1回となる今回は、コーポレートコミュニケーション部の手嶋さんが登場。
はじめてLoopトートを手にした時のホンネ、そして気になるLoop専用商品の印象とは…!?

はじめてのLoop、注文したのはコレ!

在宅勤務が中心となり、自宅でコーヒーを飲む機会はもちろん、自分で料理を作ることも増えました。
そこで、「AGF® ブラックコーヒー」と一緒に、必須調味料の「味の素KKコンソメ」「丸鶏がらスープ」「ほんだし®」も購入!

普段コーヒーは、スティックやレギュラーコーヒー、インスタントコーヒーを気分に合わせて飲み分けています。
一番出番の多いインスタントコーヒーは、大きめの瓶に詰め替えて使用していましたが、鮮度が早く落ちてしまうのが悩みのタネでした。
小ぶりな30g専用瓶入り「AGF® ブラックコーヒー」なら、そんな心配はしなくてよさそう。まさに私にとってジャストなサイズ♪

Loopトートは折りたたんで隙間に収納

注文した商品が梱包されているのが、“Loopトート”と呼ばれるこの専用バッグ。
自宅に届いた時は、想像していたよりも大きくて少し驚きました。その分しっかりとした作りになっていて、緩衝材などがなくても容器が破損する心配はありません。

右の写真のように折りたためるので、回収を依頼するまでの期間は、部屋の隅や家具の隙間に立てかけておけばOK!あえて折りたたまずに自立させて、使用済み容器の保管場所にしてもいいですね。

欲をいえば、もうひとまわり小さいトートがあれば、注文商品が少ない時に便利かな?

並べて置きたくなる!統一感のある容器

Loop専用瓶入り「AGF® ブラックコーヒー」は、置く場所を選ばないコンパクトなサイズ感。
手で持ちやすいので、スプーンですくってマグカップへ移すときもこぼしにくいのがうれしいポイントです。

調味料系のLoop専用容器は、同じサイズで細長い形状のため、冷蔵庫で保管しやすく、調理中にコンロのそばに置いても邪魔になりません。
そして何といっても、統一感のあるデザインは、つい並べて置きたくなる可愛さ!種類によってロゴが赤・黄・青と色分けされているところも、間違えにくくて気に入っています♪

コーヒーも調味料系も、どちらも透明なガラス容器だから、中身の減り具合が一目瞭然。再度購入するタイミングもわかりやすい!今後も継続して利用していきたいなと思いました。

 


AGF®社員のLoop体験記【第1回】はここまで。
日常生活におけるLoopトートや専用容器の使い勝手をイメージしていただけたのではないでしょうか?

次回は、サステナビリティ推進部メンバーのレポートをお届けする予定です。どうぞお楽しみに!

▼Loop 日本版ウェブサイト

AGF®はブランドパートナー企業としてLoopに参画しています。
詳しくはこちら>>
84件の「いいね!」がありました。
84件の「いいね!」がありました。
58件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「AGF(R) Lounge」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる