「ビーン太くん®」からのお知らせ
2022/09/29

アートとドリンクであたたかい輪を!ヘラルボニーと新たな取り組みがスタート

101

給茶をする人が「ふぅ」とカラダを潤し、「へぇ」とドリンクディスペンサーをながめ、「ほぉ」と作家(人)や社会に思いをはせる。アートとドリンクを通じて、おいしくて、あたたかくて、やさしい輪を拡げていきたい――。

そんなコンセプトのもと、知的障がいのある作家が描いたアートをラッピングした給茶機、その名も「アートドリンクディスペンサー」の設置がスタートしました!

コミュニケーションの輪ができるきっかけに

この取り組みは、「異彩を、放て。」をミッションに掲げる福祉実験ユニット、株式会社ヘラルボニーとの協働によるもの。
コロナ禍により人とのつながりやコミュニケーションの機会が減少する中で、「人や社会をおもい、コミュニケーションの輪ができるきっかけを生み出したい」という両社の想いが一致し、画期的なコラボレーションが実現しました!今回の設置を皮切りに、順次拡大していく予定です。

異彩作家が描く!感性ほとばしる唯一無二のアート

今回、ヘラルボニーの契約作家2名が描いた2作品を「アートドリンクディスペンサー」に起用しました。

ひとつは、人の顔が隙間なく並ぶ緻密な作風で知られる神山美智子さん(在籍:やまなみ工房)の「からふるな人間と動物」。そしてもうひとつが、クレヨンの削りカスで固まりを作るために絵画を創り上げる岡部志士さん(在籍:希望の園)の「Scratch Works Yay!Yay!No.8」です。

障がいのある作家による、それぞれの作品から放たれる豊かな感性や発想力には思わず見惚れてしまいますよね!

神山美智子さん作「からふるな人間と動物」(左)/岡部志士さん作「Scratch Works Yay!Yay!No.8」(右)

 

制限のある日常生活を経験したことで、「人とのつながり」をこれまで以上に大切に感じている方も多いはず。
おいしいドリンクと素敵なアート。この2つが揃った空間には、自然と人々が集まり、会話や笑顔が生まれます。
カップ片手に人と触れ合う楽しいひとときが、毎日をがんばるみなさんのココロに潤いをもたらしますように…!

 

AGF®はこれからも事業活動を通じてみなさんの暮らしに寄り添いながら、「ココロとカラダの健康」「人と人とのつながり」「地球環境との共生」をはじめとするサステナブルな社会の実現を目指してまいります。

アートドリンクディスペンサーについてもっと詳しく知りたい方はこちら>>

 

132件の「いいね!」がありました。
132件の「いいね!」がありました。
101件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「AGF(R) Lounge」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる